トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 自転車日記のようなもの > 
  3. フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場

2015/8/9

フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場

7月頃にフルクラムのサイトにレーシングクアトロカーボンが2016年モデルとして出るというの記事が載っていたため、名前の付け間違えじゃないかと思っていたんですが、国内の発表会でも現物が登場して国内販売価格も決まっているだけにいるだけに冗談ではないみたいです・・・(^^;)

レーシングクアトロカーボン

フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場気になったのでカーボンモデルと2016年に出るアルミモデルの写真を並べてみるとデザイン的にほとんど変わらないため、カーボンモデルの存在を知らない人が見たら<黒いレーシングクアトロ?>って勘違いされてしまいそうなぐらいアルミモデルとデザインが似ていますね・・・(^^;)

とはいえそこはカーボンモデルなので違いはあるんですが、カーボンモデルはアルミモデルより5mm高い40mmハイトのUDカーボン製クリンチャーリムを採用し、リム表層は3Kカーボンを配することで強度が高めているそうです。

また、ブレーキ面はレーシングスピード35と同じ3Diamant処理によってブレーキ性能を高めてあるため、上位機種のテクノロジーを多く取り入れたミドルグレードのエアロホイールになっていうようです。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場リムの外幅が24.2mm、内幅が17mmにすることでリム単体でのねじれ合成と横合成を向上させ、リム幅を広げることで最近主流になっている25cタイヤに最適化されているみたいですね。
※フルクラムのサイトには25c〜50cのタイヤまで装着可能と記載されています。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場ステンレス製のエアロ形状ダブルバテッドスポークとアルミニップルを採用してアルミモデルより軽量化を測ってあり、フロントは18本のラジアル組み、リアは左7本・右14本の2to1組みになっています。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場ハブはアルミ製でフリー側がオーバーサイズがされたリアフランジになっていて、フリーボディはレーシングゼロシリーズに採用されているプラズマ電解酸化処理を施したアルミ製になっていますね。

気になる重量は前後で1555gとリムハイトとミドルレンジということを考えると妥当な重量かもしれません。


レーシングクアトロカーボンディスクブレーキ

フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場レーシングクアトロカーボンにはディスクブレーキ対応モデルも用意されていて、リムもディスクブレーキに対応させるためにブレーキ面の3Diamant処理は施されない変わりにリムの断面形状が非対称になっています

リムの幅は外幅が24.2mm、内幅が17mmとなっていてリムブレーキモデル同様に25cのタイヤに最適化されているみたいですね。
※フルクラムのサイトには25c〜50cのタイヤまで装着可能と記載されています。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場ハブはディスクローターを搭載するために前後共にオーバーフランジ設計が採用されています。

気になるローター台座はセンターロック方式(AFS)とインターナショナルスタンダード方式の(6Bolts)二つの規格だけでなく、クイックリリースとスルーアクスルにも対応しています。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場強力な製動力を発揮するディスクブレーキに対応させるためにスポークはダブルバテッドではなくプレーンスポークが採用され、フリーボディはプラズマ電解酸化処理を施したアルミ製になっています。

スポークパターンは前後ともに2to1組みが採用され、フロントが左14本・右7本、リアが左7本・右14本という構成になっています。

気になる重量は前後で1605gとリムブレーキモデルより若干重くなっていますね。


レーシングクアトロ

フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場2016年のレーシングクアトロはカーボンも出るだけでなく従来どおりアルミリムモデルのレーシングクアトロLGも登場し、従来モデルよりも各部を変更することで走行性能の向上を図っているようです。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場リムは従来どおり35mmハイトですが、リム幅がカーボンモデルと同様の外幅が24.2mm、内幅が17mmとなって25cタイヤに最適化されています。
※フルクラムのサイトには25c〜50cのタイヤまで装着可能と記載されています。

スポークはエアロ形状でフロントが16本のラジアル組み、リアがリアが左7本・右14本の2to1組みになっています。


フルクラム2016年モデルにレーシングクアトロカーボン登場リアハブはカーボンモデルと共通でオーバーサイズ化がされており、スチールベアリングが採用されています。

フリーボディもプラズマ電解酸化処理を施したアルミ製が採用されていて40gの軽量化が施されているため、リム幅が広がったことによる重量増を抑えて2015年モデルと同様の前後で1725gとなっています。


スペック

各モデルを比較しやすいようにスペック表を作ってみました。

アルミカーボンディスク
価格54,000円(LG)
54,500円(CX)
210,000円208000円(6Bolts)
209,000円(AFS)
前後重量1725g1555g1605g
リム材質アルミUDカーボンUDカーボン
リムハイト35mm40mm40mm
スポークステンレス・エアロステンレス・エアロ
ダブルバテッド
ステンレス
ニップルアルミアルミアルミ
フロント16本ラジアル組み18本ラジアル組み2to1組み
リア2to1組み2to1組み2to1組み
ハブアルミ製アルミ製アルミ製
ベアリングスチールベアリング
※調整可能
スチールベアリング
※調整可能
スチールベアリング
※調整可能
フリーボディプラズマ電解酸化処理
※HG仕様のみ
プラズマ電解酸化処理
※HG仕様のみ
プラズマ電解酸化処理
※HG仕様のみ

なぜにレーシングクアトロ?

レーシングゼロカーボンはアルミスポークにカーボンホイールという構成なのでレーシングゼロの名前を継承していることに違和感が無かったんですが、レーシングクアトロカーボンはアルミ下位グレードの名称を継承する意味がないような気がするんですよね。

カーボンモデルのスペックを見る限りではアルミのレーシングクアトロのハブを使ってリムをカーボンに変えました的なホイールなので、これでは21万円も気軽に払ってもらえないと思うんですよね・・・。

カーボンモデルはディスクブレーキ対応モデルがあるだけで売り文句になっているだけに、わざわざレーシングクアトロの名前を継承しないで明確な違いを出すために新しい名称とリムデザインにして新たなミドルグレードのカーボンホイールとして販売した方が良かったんじゃないかって思います・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加