トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 自転車日記のようなもの > 
  3. カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場

2015/8/29

カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場

今年は新しいコンポが登場しているユーロバイクですが、カンパニョーロからも従来の電動コンポEPSをブルートゥース等で無線化させるユニットが登場しています。

カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場無線化といってもスラムが発表したRED eTAPのような完全な無線電動コンポになるわけではなく、ハンドル〜ダウンチューブ〜BB付近に伸びているケーブルをV3ユニットを使って無くしてしまおうってことみたいです。


カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場ステム部分に送信機を配置することでエアロロードバイクにも対応させるためらしいです。


カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場送信機にはコネクターが装備されていますが、アプリを介することでスマートフォンからワイヤレスでファームウェア等のアップデートをすることも可能になるようです。


カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場送信機から送られた信号はバッテリーに送られて従来どおりの変速動作をするという感じみたいですね。


スマートフォン対応アプリも登場

カンパニョーロから電動コンポ用V3ユニット登場MY CAMPYという専用アプリを介してEPSのファームウェアのアップグレードだけでなく、シフトパフォーマンスやシフトチューニングもスマートフォン上で行えるだけでなく、走行データの管理等も行えるようになるため、スマートフォンを持っているのであればMY CAMPYは必須アプリになりそうですね。


気になる従来のEPSとの互換性は?

今回のV3ユニットは従来のスーパーレコードEPSとレコードEPSとはコネクターシステムで互換性があるんですが、コーラスEPSやアテナEPSとはコネクターシステムが異なるので互換性が無いということです。

後々に従来のコーラスEPSやアテナEPS対応のV3ユニットも登場するんじゃないかと思われますが、同一メーカーの製品なのにコネクターシステムを変えて差別化なんて図らずに、多少お金がかかってもコネクターシステムぐらい統一して欲しいものです・・・。

スラムとカンパニョーロは電動コンポを無線化してきただけに、今後シマノの電動コンポがどうなるのか気になりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加