トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 自転車日記のようなもの > 
  3. ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっている

2016/2/11

ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっている

海外の自転車店の型落ちセールでデザインが気に入っていたノースウェーブの2014年モデルのハマーSRSを見つけて迷わず購入したんですが、届いたのを履いてみたら若干小さいですよね・・・\(T T)/

同じサイズで履き比べてみる

ノースウェーブ ハマーSRSノースウェーブのシューズは日本人に多い甲高幅広の足にあっているみたいで、シマノのシューズだと幅が狭くて43を履いていたのに、ノースウェーブのシューズだと幅が広くて42がちょうどいいので予備を買っておくぐらい気に入っているんですが、今回購入したハマーSRSの42を履いてみたら幅だけでなく前後も小さくなっていました・・・\(T T)/

写真が購入したハマーSRSの42です。


ノースウェーブ レベルSRSハマーSRSを履いてこんなに小さかったかなって思って今まで履いていたシューズと比べても履いているうちに伸びている可能性もあるだけに、予備で持っている2013年モデルの同じノースウェーブのレベルSRSの42の新品と履いて比較してみることにしました。

写真が予備のレベルSRSの42です。


ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっているまずはレベルSRSを履いた写真です。
ベルクロをきつく締め上げると写真のように最後までピッタリ付き、前後方向やつま先にも余裕があり、SRSのベルト部分も深くまでガッチリ締め上げることが出来ますます。

ノースウェーブのシューズはこのピッタリとした履き心地と、SRSの使い心地とガッチリした締め上げが気に入っているんです。


ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっている次にハマーSRSですが、ノースウェーブのシューズは2014年モデルからベルクロの位置が写真のように変わっていて、真ん中のベルクロが10mm程度短くなっています

他にもSRSの構造が小型化されて従来のSRSのようにベルト部分を1ノッチずつ緩められる機能が廃止され、素手や指きりグローブなら操作に問題ないんですが、冬用グローブを着けているととても操作しづらいです・・・。

写真を撮り忘れてしまったんですが、SRSのベルト部分も5mm程度短くなっています


ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっているハマーSRSを履いてレベルSRSと同じぐらいのきつさでベルクロを締め上げると写真のようにベルクロが半分近くまでしか付きません・・・。
※赤枠部分が付かない部分です。

ベルクロの長さが従来と同じならこれぐらいでも気にならないんですが、ベルクロが10mm程度短くなっているだけに不安があります・・・。

ベルクロ同様にSRSのベルトも短くなったので以前のSRSのように深くまで締められません

写真は冬用の靴下を履いて撮影しているんですが、前後方向に全く余裕がなくて、つま先はかなり窮屈なので撮影のために数分履いただけで足が痛くなりました・・・。

ベルクロやSRSを緩めれば痛みは解消できるんですが、今度は立ち上がっただけでベルクロがはがれてきます・・・。

42と43を履き比べてみる

こんな感じなのでハマーSRSを使うにはインソールを薄いものに交換するか、夏用の薄い靴下を履いて余裕をもたせるしかないなって割り切ったんですが、ハマーSRSを舐めるように見ていたら製造不良と思わしき部分を発見したため返品することにしました。

返品をしようとしていた矢先にタイミングよく2016年モデルのスコルピウス2SRSがセールになっていたのを発見したので改めて購入し、ハマーSRSと履き比べてから返品してこうやって記事にしています(^^;)

ノースウェーブ スコルピウス2SRSハマーの件があったのでスコルピウス2SRSは43を購入したんですが、さすがに43は1サイズ大きいせいも履きやすく、42みたいにベルクロをきつめに締めなくても写真のようにキッチリ付きます。
※スコルピウスもハマー同様に真ん中のベルクロが短いです。

幅に関してはレベルSRSの42と同じぐらいで前後方向がレベルSRSの42よりわずかに余裕があるため、冬用の靴下だと問題なくても薄手の夏用靴下だと厚手のインソールで調整が必要かもしれません・・・(^^;)


過去のサイズ表と比較してみる

ノースウェーブのシューズのサイズが小さくなっているノースウェーブのシューズの箱にはサイズ表が印刷されているんですが、2013年モデルのレベルSRSと2014年モデルのハマーSRSのサイズ表を見比べてみると2013年と2014年でセンチの値が異なっていました。

ノースウェーブの本国のサイトを確認したらサイズ表の数値が更新されていたんですが、国内代理店のインターマックスはこまめに値上げだけしてサイズに関する重要情報の記述は一切ありませんでした。


自分みたいに以前からノースウェーブのシューズを履いていてサイズが分かっているから安く売っている海外通販で買ってみたら小さかった、っていう悲劇を防ぐ意味で2016年モデルの箱に印刷されているサイズ表を載せておきますが、ノースウェーブのセンチ換算は1.0cm大きいといわれているだけに、初めて購入するときはメーカー発表の数値を過信しないで必ず試着することお奨めします。
※個人的感覚では2013年以前のシューズよりサイズが0.5小さくなっていると思われます。

ノースウェーブのシューズのサイズ表2016年版

2016年からノースウェーブ製品の取り扱いがインターマックスからウインクレルに変わったんですが、インターマックスと同じ仕事振りなら今後もノースウェーブ製品は海外から購入することになるでしょうね。

ノースウェーブのシューズは国内よりウイグルで購入した方が安いだけに、情報を発信しないで値上げばかりする代理店は海外通販を悪者にする前に最低限のやるべきことをやってから文句を言うべきでしょうね・・・。

ウイグルのノースウェーブシューズ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加