トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. ロードバイクの組み立て方 > 
  3. STIレバーを取り付ける(ワイヤー外装式)

2009/11/17

STIレバーを取り付ける(ワイヤー外装式)

7900系デュラエースからSTIレバーのシフトワイヤーが内装式に変更されていますが、それ以前のSTIレバーはシフトワイヤーが外装式なので、このページではシフトワイヤーが外装式のSTIレバーの取り付け方法を説明します。

ワイヤー内装式はSTIレバーを取り付ける(ワイヤー内装式)に記載しています。

取り付けボルトの位置

STIレバーは一見するとどうやって取り付けたらいいか分かりにくいんですが下の写真のようにブラケットに溝(青部分)があって、この部分をめくるとボルトがあるため、5mm六角レンチを差し込んでボルトを緩めてから取り付け作業を行います。

STIレバーのボルト位置

STIレバーの取り付け方

STIレバーのボルトを緩めたらドロップハンドルにSTIレバーを仮組して適当な位置でボルトを締めて仮止めをします。

バーテープを巻いてしまうとSTIレバーは微調整しかできないため、仮組み状態の時点で自分のポジションに合うようにハンドル角とSTIレバーの位置関係を気が済むまで調整しましょう。

ハンドル角ですが自転車雑誌では下ハンドルが地面と水平になるように・・・、という事を記載してあるのを良く見ますが、見た目が悪くても乗りやすいように取り付けるのがベストだと個人的に思っています。

ハンドル角とSTIレバーの位置が決まったら左右のSTIレバーが水平に付いているか確認するためにブレーキレバーを握ってできる隙間にシフトワイヤーを挟んで、ワイヤーがハンドルと水平になっているか確認してずれているようならSTIレバー取付け角の再調整を行いましょう。
※50cm以上の金属定規を持っているのなら定規で確認する方が簡単です。

STIレバーの位置決めが完了したらステムのボルトを本締めしてドロップハンドルを固定します。

ステムの締め付けトルクは主に4Nmですが、ボルトを一気に締めるとトルクに偏りが発生してカーボンハンドルの場合は割れる可能性もあるため、各ボルトを徐々に締めて最後に本締めをするように心がけましょう。
※文章が長くなるのでネジの締め方も参照して下さい。


TRUSCO T型六角棒レンチ 5mm

次にSTIレバーの本締めを行うんですが、STIレバーの指定締め付けトルクはシマノの取扱説明書では8Nmとなっているんですが、困ったことに固定ボルトの部分にトルクレンチのビットが入りません。 また、六角レンチだと長いほうしか入っていかないため定期性トルクで締め付けることが出来ないのでT字型六角レンチを使って作業を行うことをお奨めします。

STIレバーはボルトの締め付けがゆるいと上り坂でずれたり、徐々にSTIレバーがずれてバーテープが千切れる事もあるので1ヶ月程度の割合でガタが出ていないか締め付けを確認することをお奨めします。

STIレバーの取り付け自体はボルトを締めて角度等を合わせて本締めをするという単純な作業なので、事前に詳細なポジションの数値を測ってあれば作業自体は比較的簡単に進めることができます。

ST-5600の左レバーに注意して下さい

STIレバーにST-5600を使用する場合フロント変速がダブルとトリプルで共用になっているため、フロントディレーラーもFD-560xで合わせる必要があります。

上位のデュラエースやアルテグラのダブル専用フロントディレーラーも使用可能ですが、ST-5600でダブル専用のフロントディレーラーを操作すると動作が重くなるだけでなく調整もシビアになります。

以前乗っていたフェルトF1Xをドロップハンドルに戻す際に、これを知らずにフロントディレーラーにFD-6600を取り付けてしまってフロントの変速調整だけで3時間もかかったことがあります・・・。
まぁ、このおかげで難解だと思っていたフロント変速の調整方法が分かったのである意味無駄ではなかったんですが・・・(^^;)

自分みたいな間違いをやらかしてしまった人が多かったのかどうかは分かりませんが、2009年にダブル専用のST-5601が販売され、このタイプはデュラエースやアルテグラのフロントディレーラーも使用でき、自転車店の店員さんによると変速性能も向上しているらしいと聞いています。
※ST-5601が販売された1年後に5700系105が販売されているため、中古でもST-5601はあまり出回っていません

シマノから公式なアナウンスはないようですが、自転車店情報ではST-5600の左STIレバーはワイヤーを噛み込んで突然内部メカが壊れることがあるらしく、この対応のためにダブル用とトリプル用に分けたらしいとか・・・。


TRUSCO T型六角棒レンチ 5mm

5600系の105はすでに生産を中止しているため自転車店で新品を手に入れるのは難しいと思いますが、中古でST-5600を購入して左レバーが突然動作しなくなるといったトラブルが起きた場合、シマノに連絡すると何らかの対応をしてもらえるかもしれません。

==関連記事==
ロードバイクに使うパーツの指定トルク表
ネジの締め方
ステムを取り付ける
ドロップハンドルを取り付ける
STIレバーを取り付ける(ワイヤー内装式)

このエントリーをはてなブックマークに追加