トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. ロードバイクの組み立て方 > 
  3. フロントフォークとヘッドセットを取り付ける

2009/6/15

フロントフォークとヘッドセットを取り付ける

フレームにフロントフォークを取り付けるには同時にヘッドセットも取り付ける必要があるんですが、ヘッドセットは似た様な形状の部品があるため取り付けには注意が必要です。

ヘッドセットの各パーツを並べておく

ヘッドセットのパーツの確認ヘッドセットのパーツは順番を間違わずに取り付ければ問題なく取り付けられるため、フレームに仮組みを行ってから各パーツを取付ける順番通りに並べておくといいです。

  1. 下玉押し
  2. ベアリング
  3. スリーブ
  4. ヘッドトップカバー
  5. スターファングルナット
  6. ヘッドカバー

5のスターファングルナットはアルミコラムでは使用できますが、カーボンコラムで使用するとカーボンを傷めるだけでなく、一度取り付けたら取り外しが出来ないためプレッシャープラグを使用することをお奨めします。

※以下の説明では写真に記載している番号を用いて説明します。

インテグラルヘッドを取り付ける

インテグラルヘッドを取り付ける文章だけでは分かりづらいので図を参考にして各パーツが以下のような向きと位置関係になるように取り付けます。

4.ヘッドトップカバー
3.スリーブ
2.ベアリング
2.ベアリング
1.下球押し

取り付ける順序として1は下球押しなので前工程の下球押しを圧入するで使っているので説明は省きます。

2のベアリングの側面にグリスを塗ってベアリングの向きを確認してフォークコラムに挿入したら、フォークをフレームに挿入します。
※写真のヘッドセットは上下のベアリングが一緒ですが、最近は上下でサイズが異なるベアリングを使用するヘッドセットもあるので事前にフレームを確認しておくことをお奨めします。

フォークをフレームに挿入したら同様に2のベアリングの側面にグリスを塗ってフォークコラムに挿入します。

3のスリーブをフォークコラムに挿入し、ベアリングががたつかないようにします。

4のヘッドトップカバーを挿入して組み付けは完了です。

この時点ではヘッドセットが完全に固定できていないため、フォークコラムにステム等を取付けて6のヘッドカバーをボルトで締めるとヘッドセットが固定されます。

※3と4の間にあるスペーサーはヘッドトップカバーがフレームと干渉してヘッドセットの球押し調整が出来ない時に使用します。

==関連記事==
ヘッドセットの下玉押しをフォークに圧入する
フロントフォークのコラムを金ノコでカットする
プレッシャープラグを取り付ける
ステムを取り付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加