トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. ロードバイクの組み立て方 > 
  3. リアディレーラーの変速(ストローク)調整をする

2010/2/13

リアディレーラーの変速(ストローク)調整をする

リアディレーラーを取り付けたらストローク調整を行うんですが、シマノの取扱説明書にはインナーワイヤーを張った後にストローク調整を行うように記載されています。

シマノの説明書どおりインナーワイヤーを張ってからでも作業が出来るんですがローギア側のストローク調整はシフトワイヤーの張り加減によって左右されるため、シフトワイヤーの初期伸びが取れていない状態だと後々に調整が狂って再調整をすることになります・・・。

他にもチェーンを取り付けた後はストローク調整をしづらいため、この段階でリアディレーラーのストローク範囲を確実に決めておいた方が変速調整を行う上でも簡単です。

トップギア側の調整

リアディレーラーのトップギア側の調整ロードバイクの後ろから見て、図のようにガイドプーリーがトップギアの外側に対して水平になるようにトップアジャストボルトを+ドライバー で調整します。
※ボルトを回した方向と逆にプーリーが動くので混乱しないようにして下さい。
※調整する時は90°ずつ回して位置を確認しながら作業しましょう。
拡大写真

ローギア側の調整

リアディレーラーのローギア側の調整ワイヤーを張っていないので手でリアディレーラーをロー側に動かして、ガイドプーリーがローギアの真下になるようにローアジャストボルトを+ドライバーで調整します。
※調整する時は90°ずつ回して位置を確認しながら作業しましょう。
拡大写真


調整時の注意点

各アジャストボルトの+ネジはサイズが小さいドライバーでも回せますが、トルクをかけすぎるとネジの頭を舐める可能性があるので適正なサイズのドライバーで作業することをお奨めします。

作業をする時はプーリーの位置を確認しやすいように床に白い紙(取扱説明書等)を敷いておくとプーリーの位置の確認がしやすくなって作業効率が上がります。

ストローク調整を完璧にやっておくとリアディレーラーの変速調整が簡単に終わるため時間をかけて調整をしておくことをお奨めします(^^)b

==関連記事==
ロードバイクに使うパーツの指定トルク表
ネジの締め方
リアディレーラーのプーリーをBBB製に交換する
リアディレーラーをフレームに取り付ける
STIレバーにシフトインナーワイヤーを取り付ける(内装式)
STIレバーにシフトインナーワイヤーを取り付ける(外装式)
リアディレーラーにシフトインナーワイヤーを取り付ける
リアディレーラーの変速調整をする
リアディレーラーのBテンションボルトの調整をする

このエントリーをはてなブックマークに追加