トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 所有している自転車 > 
  3. 所有しているロードバイク:エディメルクス・レーシング

所有しているロードバイク:エディメルクス・レーシング

試乗会でロードバイクに乗ってからロードバイクに興味が沸いてきて貯金箱の中に入っているお金を計算すると軽く15万円以上あったため、FELT F1Xのパーツを流用してフレームから組んでもらえば10万円〜12万円程度のフレームに工賃を加えればロードバイクに変更できるんじゃないかと試算しました。

購入に至った理由

EDDY MERCKX Racing(エディメルクス レーシング)通常なら10万円〜12万円だと下位グレードのフレームしかないんですが、たまたま自転車店で旧モデルのフレームのセールをやっていたので予算の範囲内で一番おいしいと思えるエディメルクスとウィリエールが候補に挙がりました。

候補に挙がったまでは良かったんですが、困ったことに両方とも旧モデルだったのでインターネットで検索をしても情報がほとんど無かったんですよね・・・(^^;)

特にエディメルクスに乗っている人は少ないだけでなくレーシングは日本語でヒットしたのは1件のみで、同一のカラーリングの写真は自転車店以外ではヒットしないというお手上げ状態でした・・・。

こんな状況だったのでエディメルクスとウィリエールはジオメトリ表を基にフレームの図面を起こしてFELT F1Xと比べてサイズの違いを比較したりしました。

ジオメトリ表を基にして図面を起こすとウィリエールは自分にはなんとなく大きいと思えたため、最終的に現物を見比べて仕上げと塗装の綺麗さに惚れ込んでエディメルクスの購入を決めました。

当初はFELT F1Xのパーツを流用して組むはずだったんですが、初めてロードバイク組むんだからと思って予算を大幅にアップさせてフルアルテグラで組んでもらうことにしました。

見た目

エディメルクスのヘッドチューブの溶接仕上げ最近のアルミフレームのようにチューブに曲げや潰し加工も無ければ、ハイドロフォーミングも施していないごく普通の地味なフレームですが、塗装を活かすためなのか溶接跡は綺麗に修正されていて仕事の丁寧さが伺えます。

ベルギー製の自転車らしく塗装がとても丁寧で、黒・銀・ガンメタル・白の4色を使ってマスキングとグラデーションで塗り分けされているため、完全に同一のカラーリングは存在しないということになります。


フレームに使われているデカールはイーストンのチューブを使用している事を示すロゴシール、エディメルクス社で塗装を行ったことを示すシール、創業25周年記念のロゴシールだけで他は全て塗り分けで仕上げられています。

フレーム重量はトップ長550mmで1200gとアルミフレームでもそれなりに軽いのが特徴です。

乗ってみた感想

同じフルアルミのフレームを乗り継いだのに前に乗っていたFELT F1Xと違って乗り心地がよく、FELT F1Xはガツガツと振動を伝えてきたのに、エディメルクスは革張りのイスに座っているかのごとく不快な振動をあまり感じないんですよね。

乗り換えてみてFELT F1Xが固いフレームだったと改めて認識させられました・・・(^^;)

同じ700cでもFELT F1Xは40km/h以上になると加速が頭打ちになってスピードが上げづらかったんですが、エディメルクスは40km/h以上になっても更に加速できるし、50km/hを超えても更に加速できそうな余裕すら感じるんですが自分の脚がそこまで付いていけません・・・。

剛性のせいなのかペダリングが軽くて気づくと40km/h以上になっていることもしばしばで、上り坂もFELT F1Xよりも軽くこなすことが出来るためロードバイクが舗装路を快適に速く走るための自転車だと分かりました。

エディメルクスのフレームはセールで購入したとはいえ、本来のフレームの値段だけでいじりまくったFELT F1Xが購入できるだけにこれぐらいの性能差は当然かもしれません・・・。

自転車雑誌とかに記載されているエディメルクス特有のハンドリングですが、アンダーステアでもなくオーバーステアでもないニュートラルステアのようなので初めて乗ったときは違和感がありました。

ただ、コーナリングは素直にラインをトレースしてくれるので走るのがすごく楽しいロードバイクです。

エディメルクスに乗り換えてロードバイクの楽しさに触れ雨が降っていなければ乗るようにしていたんですが、納車から1ヶ月も経たない頃に左足をケガして完治まで1年以上かかると医師から言われて愕然としてエディメルクスは置物と化しました・・・。

医師から早く治したいんだったら安静に過ごすように忠告され、まじめに安静に過ごしていたせいかケガの回復が早く2009年4月に医師からロードバイクの乗車許可が出ました。

許可が出て久しぶりにエディメルクスに乗ったんですが、メンテナンスを欠かさなかったので不調もなく期待に答えてくれるのに自分の身体がエディメルクスの性能に付いていけなくなっていたため、身体を戻す意味もあって普段乗り用にオルベア アクアを新たに購入し、エディメルクスは休日専用という位置付けにすることにしました。

スペック

FELT F1Xで使用していたパーツを基本的に流用し、シフター・ブレーキ・フロントディレーラー・BB・チェーンを新たに購入してフル6600アルテグラで組んでもらっています。 ※BBとチェーンはデュラエースなのはお約束です(^^;)

翌年以降に販売されたフレームセットと値段は一緒なんですが、購入したフレームセットはエディメルクス創業25周年記念フレームなのでカンパニョーロのレコードヒドゥンヘッドセット、カンパニョーロのコーラスシートポスト、フルカーボンフォーク(イーストン EC90 初期型?)が付属品という豪華仕様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加