トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 所有している自転車 > 
  3. 過去に乗っていたMTB:メリダ・マッツスポーツ500

過去に乗っていたMTB:メリダ・マッツスポーツ500

もともとヲタク道を突き進んでいたため体調を大幅に崩して健康のために自転車(ルックMTB車)に乗るようになったんですが、毎日のように多摩川サイクリングロードを乗り続けていたら自転車に乗るのが思いの外楽しくなってきて、ルックMTB車が寿命と思えるぐらい痛んできていたので少しいい自転車を購入しようと検討するようになりました。

購入に至った理由

MERIDA MATTS SPORTS 500(メリダ マッツスポーツ500) 当時は近所の自転車店に展示してある自転車のメーカーすら知らないような状態だったため、とりあえずネットで調べてみると聞いたことがないメーカーが出てくるだけでなく値段にも驚きました(^^;)

今まで乗っていたルックMTB車が4万円だったので、倍の8万円も出せばかなりいい自転車が買えるだろうと思っていたんですが、一番下のグレードすらメーカーを選ばないと買えないという感じでした・・・。

予算を15万円ぐらいまで上げることも考えたんですが高い自転車と安い自転車の違いが今ひとつ分らない状態だっただけに、当初の予算どおりで自転車を探してみて気に入ったのがなかったら予算を上げるっていう考えに変えました。

当時は8万円という予算の範囲内で調べてみるとジャイアントとメリダしか残らず、 メリダは同一価格のジャイアントよりもコストパフォーマンスが高く、色も大好きなアルミ地にクリアー塗装だったため、予算を上げることなく迷わず購入することに決定しました。

見た目

トップチューブの断面がハート形、ダウンチューブの断面は逆ハート形なので、一見するとこの値段でハイドロフォーミングでもしてあるのかと思いきや、プレス加工で処理しているというのでメリダの技術力が伺えます。

塗装はアルミ地にデカールを貼ってクリアーを吹いている非常にシンプルな塗装ですがクリアー層が少し薄かったため、小石がはねるとクリアーがかけてダウンチューブの下はアルミの地肌が出ている部分があったんですがこれは仕方が無いですね。

MTBなのでロードバイクのように溶接跡を削るようなことをせず、こんもりと綺麗に溶接されています。

乗ってみた感想

RD-6600 アルテグラリアディレーラー値段が安いとはいえ初めての本格的なスポーツ用自転車の性能の違いに意味もなく楽しく、重量もルックMTB車から比べても4kg以上軽くなっていたので走りも軽快で納車初日は雨が降り出しても少しだけ乗っていました(^^;)

ネット上でアルミフレームは硬くて疲れやすいという書き込みを飽きるほど見ていたので不安だったんですが、このメリダに関しては硬い疲れやすいという言葉の意味が分からないぐらい乗り心地がいい自転車でした。

少し走っているうちに最初から付いていたブレーキの効きに不満が出てきたので、AvidのSingle Digit 5にレバー共々交換し、ついでにクランクも出たばかりだったホローテックIIのデオーレLXに交換。

自転車にはまった人間のお約束として タイヤ、コンポ、ホイール、ハンドル等の容易に交換できそうなパーツ類はほとんど交換してあります。

更に自転車通勤に特化させるためにカセットスプロケットとリアディレーラーをロード用に交換して舗装路を快適に走れるようにしました。

最終的残ったのはフレーム、フロントサスペンション、シートポストぐらいです。

退役の理由

走行距離が20000kmを超えた時点でフロントサスペンションの動きが怪しくなってきていたので自転車の買い換えを検討することにしました。

同じメリダ製のマグネシウムフレームのMTBが欲しかったんですが、超レア物だったため入手出来ずに悔しい思いもしたんですが徐々に舗装路を走るのにマウンテンバイクはおかしいと思うようになってきました。

最終的な結論としてより快適に自転車通勤をするために700cホイールへ意識が向くようになってFELT F1Xを発注しました。

納車まで2ヶ月〜3ヶ月ぐらいかかると自転車店から言われていたので、その間は無理をさせないように乗っていたんですが当初は納車予定が大幅に延びて、半年先になったこともあり色々なトラブルに見舞われました。

いつ納車になるか分からなかったのでチェーン交換をしないでいたら変速不良を起こすようになったので、チェーン交換をした2週間後にFELT F1Xが納車されました・・・(^^;)

スペック

当初はデオーレ組だったんですが、最終的にフレーム・フォーク・シートポスト以外全て交換しました(^^;)

ネットでは<ダメリダ>なんて揶揄する人がいますが、技術力もあって価格も安いので良心的なメーカーだと思っています。
日本ではブリヂストンが代理店を務めている影響でメリダの高級ロードバイクが日本に輸入されないのが残念だったんですが、 2010年モデルからミヤタが代理店になって限定販売扱いで高級ロードバイクを扱うようになりました。

ロードバイクのフレーム売りはやってくれないのかな・・・???

このエントリーをはてなブックマークに追加