トップページ
インドア大好き人間が自転車に乗り始めて嵌り、今ではどこに行くにもロードバイク
当然のごとく速く走れるわけがないんですがメンテナンス大好きなので自転車を弄ることを中心に記載しています。

  1. トップページ > 
  2. 自転車日記のようなもの > 
  3. ヒラメ マルチプレッシャープラグを使ってみた感想

ヒラメ マルチプレッシャープラグを使ってみた感想

エディメルクスの納車の際に自転車店の店員さんがサービスで取り付けてくれたんですが、本来なら同じヒラメ製のマルチプレッシャーアンカーにしたかったそうなんですが在庫切れだったのでこちらになってしまいました。
だからサービスだったのかもしれません・・・(^^;)

見た目

ヒラメ マルチプレッシャープラグ細かいところまで良く作り込んであって、チェッカリングも鋭くていい仕事をしています(^^)b

トップカバーと一体型になっているんですが、トップカバーの表面が無地で味気ないんですよね(^^;)


使用感

同じヒラメ製のマルチプレッシャーアンカーと違い、取り付けは簡単で5mmと6mmの六角レンチがあれば容易に作業が出来ます。

マルチプレッシャーアンカーと違ってカバーが付いているのでフォークコラム内に落下することがなく、気軽に作業を行うことが出来ます。

悪い点

ステム交換やハンドル落差を変えるたびに毎回外さないといけないため面倒くさいだけでなく、するどいチェッカリングのせいでハンドルの落差を変更するたびにカーボンコラムの内側が削れるため、カーボンコラムのフォークを使用していてポジションが完全に決まっていないようなら使用しない方がいいかもしれません。

トップカバーが一体化されているため、好みのトップカバーを使用することが出来ません。

==関連記事==
ヒラメ マルチプレッシャーアンカーを使ってみた感想